虫撮る人々

地球は人間の所有物と思ったら大間違い。虫も獣も鳥もいる。昆虫記者の私的ブログです。

シンガポールの沿線昆虫ガイド⑲イベント自粛ムードを笑い飛ばすサンタのような白翁鳥

新型コロナウイルスの拡散で、出不精になっている昨今。悲しみにくれながら過去の旅行の思い出に浸るしかないですね。今回はサンタのような白い髭、白髪のハクオウチョウ(白翁鳥)をご紹介します。 白髪頭の笑うツグミ、ハクオウチョウ(白翁鳥) 英語名のW…

やっと出会えた今年初のテントウ越冬集団

新型コロナウイルスの感染拡大が止まりませんね。これではとても、ゴールデンウィーク前後の海外虫旅の予約などできません。4度目の台湾行きを予定していたのですが、もはや完全に諦めムードです。予約しても、航空便がキャンセルとか、日本人受け入れ禁止…

シンガポールの沿線昆虫ガイド⑱パシリスの蝶とイモムシと超がっかりマーライオン

新型コロナウイルスの感染拡大で外出する気になれず、鬱々としている人も多い今日このごろ。昆虫記者も、ウジウジと部屋にこもって、過去の海外虫旅を懐かしんだり、次の虫旅に思いをはせたりしています。 日本政府は水際対策を逐次強化するとか言ってますが…

シンガポールの沿線昆虫ガイド⑰パシリスの休日のお供は蛇とカブトガニとサイチョウ・続き

シンガポールのパシリス・ビーチの続きです。前回の題名にサイチョウとありながら、サイチョウが出てこなかったので詐欺だと思って、JAROに連絡した人もいるかもしれませんね。手が後ろに回るのは嫌なので、前回載せ忘れていたサイチョウです。 シンガポ…

シンガポールの沿線昆虫ガイド⑯パシリスの休日のお供は蛇とカブトガニとサイチョウ

シンガポールの海辺と言えば、セントーサかイースト・コースト・パークと答えるのは、素人と言うか、まっとうな常識人ですね。昆虫記者のお勧めは、チャンギ空港の北西のパシリス・ビーチです。でもカリフォルニアのビーチのような素敵な雰囲気を期待して行…

シンガポールの沿線昆虫ガイド⑮マリーナベイサンズの庭

MRTのベイフロント駅前にそびえる巨大ホテル、マリーナベイサンズはシンガポールのランドマークとしてすっかり定着しましたが、その庭とも言うべき巨大植物園、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの知名度は低いかもしれません。101ヘクタールもある広大なこ…

台湾総統選で蔡が圧勝。中国人観光客急減で苦境の台湾は日本人を待っています。

11日に行われた台湾総統選挙で、現職で民主進歩党(民進党)の蔡英文氏が、圧倒的な勝利を収めました。台湾の政治に介入する権利も力もない昆虫記者ですが、社内の知人の台湾人女性の陳さんが蔡氏を応援していたので、この結果は非常に嬉しいです。写真部…

子年も新年の虫撮り初めは丑。毎年恒例ホルスタイン柄のチャバネフユエダシャクです

新年の書初めならぬ虫撮り初めは、子年でもやっぱり昆虫界のホルスタインこと、チャバネフユエダシャクの♀ですね。特に年明けは毎年の恒例行事が大切です。この季節に見ごたえのある虫と言えば、彼女しかいないですね。 そこで毎年恒例の生田緑地で彼女を探…

シンガポールの沿線昆虫ガイド⑭繁華街オーチャードロードは蝶の道?

シンガポール最大の繁華街と言えばオーチャードロードです。昆虫記者とは全く縁のない高級ブランドショップや、高級ホテル、高級レストランなどが立ち並ぶ通りですが、そんなところで昆虫記者が何をやっていたかというと、やっぱり虫探しです。こりないやつ…

新年の皇居にナポレオンが凱旋って何のこと。ナポレオンハットのヨシガモのことです

新年明けましておめでとうございます。皇居は新年を迎えるのにふさわしい場所の1つですね。と言っても、人込みの苦手な昆虫記者は、一般参賀に行くこともできず、お堀のヨシガモのナポレオンハットを眺めて新年を祝います。 都心部で確実にヨシガモが見られ…

ボルネオの昆虫総まとめ②キナバル山の珍虫、奇虫、巨大蛾モスラ

ボルネオのキナバル山は三葉虫のようなサンヨウベニボタル、体長より飛び出した両目の距離の方が長いシュモクバエ、モスラのような巨大蛾ヨナグニサンなどなど、珍虫、奇虫がウジャウジャいて、虫好きは狂喜して、本当に気が狂うほどです。 大怪獣モスラのモ…

水鳥の行進、求愛、縄張り争いと、ごみのように小さいツマグロヒョウモン幼虫

葛飾区の水元公園に水鳥の季節がやってきました。都内だとほかではあまり見かけないカンムリカイツブリが、今年もやってきていました。少なくとも4羽はいるようです。 今年もいましたカンムリカイツブリ カンムリカイツブリ、3羽集合 ハジロカイツブリもい…

尻フェチにはたまらないアカスジキンカメ幼虫の越冬姿

台風被害から当分立ち直れそうにない埼玉・秋ヶ瀬公園ですが、冬場の常連のアカスジキンカメムシ幼虫は、今年も頭隠して尻隠さずのいつもの姿勢で頑張っていました。尻フェチにはたまらない?お姿ですね。 尻フェチにはたまらない、素敵なお姿のアカスジキン…

師走の黄金の蛹と言えば、ヒメアカタテハ

いよいよ師走、12月。寒さが身に染みるこの季節、それでも虫を探しに出かけるこの根性。さすがと言うか、バカと言うか。 先週末は埼玉・秋ヶ瀬公園に行ってきました。でも台風や大雨の甚大な被害が今も残っていて、駐車場やバーベキュー場は閉鎖のようなの…

ペンギンの物まねで取り入るぶりっ子キンクロハジロ

大嘗宮参拝ついでに、お堀で鳥見。そろそろ、水鳥も増えてきて鳥見の季節。注目を集めたのは、ペンギンの物まねで人気稼ぎを狙うぶりっ子キンクロハジロでした。 ペンギンの物まねが得意なキンクロハジロ ペンギンが白い腹を見せてヨチヨチ歩く姿を思わせる…

大嘗宮参拝ついでに虫詣で②

いよいよ大嘗宮です。平日の午後に仕事を早く切り上げて行ったので、長蛇の列に並ぶこともなく、スイスイと入れました。 これが大嘗宮。真夜中の儀式の際の神秘的な雰囲気とは違って、簡素で素朴な神殿という感じです。 大嘗宮は遠くから撮った方がいい感じ…

大嘗宮参拝ついでに虫詣で

皇位継承に際して行う1代に1回かぎりの宮中祭祀である大嘗祭。もちろん昆虫記者ごときが招かれることは絶対ありませんが、大嘗祭が行われた大嘗宮は、一般に公開されたので、昆虫記者も見ることができました。ついでに11月の皇居の虫たちにも参拝してき…

世界の昆虫、絶滅の危機。大量絶滅期は既に始まっている

「世界の昆虫の41%が絶滅の危機。英国の田園地帯の蝶は1976年以降46%減少。ドイツの自然保護区の昆虫が26年間で75%減少。渡りで有名な北米のオオカバマダラは10年間で80%減少」。 日本だけでなく、世界の昆虫界でも、大変な事態が起きて…

里山の蝶の4割が絶滅危惧種になりかねないって本当?

里山の蝶の4割が絶滅危惧種になりかねない危機的状況にあるそうです。これは朝日新聞も、NHKも報道するぐらい恐るべきニュースです。 「モニタリングサイト1000里地調査」という環境省事業で、日本自然保護協会が調査を担当したというので、信頼性は…

シンガポールの沿線昆虫ガイド⑬ブキティマからマレー鉄道跡、セントーサへ

ブキティマ山のふもとの秘密の小道には、蝶も多かったし、小川にはスッポンもいました。でも、本当は歩いてはいけない危険な道だったのです。 花に来ているエルナシロサカハチシジミは可愛いですが、実は獣糞など汚いものも大好きです。 花に来るエルナシロ…

ボルネオの昆虫総まとめ①キナバル山の玄関口、コタキナバル

ボルネオと言えば、オランウータンやテングザルがいるジャングル。でもキナバル山の玄関口のコタキナバルは結構な都会です。しかし玄関口でさえ、虫がたくさんいる。さすがはボルネオですね。 ヤフーブログ閉鎖に伴う総まとめ復活作業。今回はコタキナバルと…

シンガポールの沿線昆虫ガイド⑫シンガポール最高峰ブキティマに火の鳥アカショウビン

シンガポールの虫旅4日目は、決死の登山。なんて、嘘です。シンガポールに山なんてあるわけないですね。でも、一応現地日本人の間で「山」と呼ばれているのが、最高峰のブキティマ山です。標高はわずか163メートルで、シンガポール人はだれもこれを山と…

マレーシア(半島部)の昆虫総まとめ③思い出のキャメロンハイランド

ヤフーブログ閉鎖に伴う記事復活総まとめ。今回はマレー半島のキャメロンハイランド。なにせ2012年のことですから、その後開発が進んで今はどうなっていることやら。虫たちの窮状が思いやられます。 あの頃はまだ、あまりブログに慣れていなかったので、…

日本最小のスズメガ「ホシヒメホウジャク」は蛾だけどかわいい

たまに日本の虫。1カ月ほど前に自宅で羽化したホシヒメホウジャクです。大きいと不気味なスズメガの仲間ですが、小さいというだけで可愛く見えますね。日本最小だそうです。 ホシヒメホウジャク。こんなに小さくてもスズメガの仲間です。日本最小です。 幼…

シンガポールの沿線昆虫ガイド⑪シンガポール動物園のオープン・コンセプトって何?

シンガポール旅3日目は、オープン・コンセプトの先駆けとして世界的に有名なあのシンガポールZOO、シンガポール動物園です。昆虫記者のために無料開放されるからオープンなのではありません(結構料金高いです)。檻をなくして、動物が暮らしやすい自然…

◎マレーシア(半島部)の昆虫総まとめ②昆虫記者の原点編

ヤフーブログ閉鎖に伴う過去記事総まとめ。今回はマレーシア半島部の高原、フレーザーズヒル編です。ここは昆虫記者がシンガポール特派員時代に、ある昆虫教室の取材で訪れて、テナガコガネ、コーカサスオオカブト、テイオウゼミなど巨大昆虫との出会いに感…

シンガポールの沿線昆虫ガイド⑩えーっ、これが世界遺産という感じのボタニックガーデンズ

この小さなシンガポールにも世界遺産があります。マリーナベイサンズとかシンガポールフライヤーとか、海に向かって水を吹くマーライオンのいるマーライオンパークとか、巨大マーライオン像のあるセントーサ島とか、派手な観光名所が幾つもありますが、世界…

◎マレーシア(半島部)の昆虫総まとめ①タマンネガラ編

ヤフーブログ閉鎖に伴う引っ越しって、面倒ですね。長い間ヤフーブログをやってきた人は、みなさん苦労していることと思います。でも最近連続して関東を襲った台風、大雨で被災された方々の苦難を思えば、こんな苦労は屁でもないですね。こんなに災害の多い…

シンガポールの沿線虫ガイド⑨珍獣ツパイって何者

セントラルキャッチメントの森は、まさにジャングルのようですが、しょせんは市街地に囲まれた緑地。珍しい動物に出会うことはないだろうと思っていたのですが、これまでの東南アジア虫旅で見たことのない珍獣に遭遇しました。 それはこんなやつです。 珍獣…

シンガポールの沿線昆虫ガイド⑧本格ジャングルのオオイナズマ蝶

いよいよジャングルが本格化してきました。ここからがお楽しみの本番。なのに、このあたりから健康オタクの華人の数がグッと減ってくるのはなぜなのか。彼らは自然に興味がないのか。虫に興味がないのか(あるわけない)。 大型のイナズマチョウの仲間、サト…