虫撮る人々

地球は人間の所有物と思ったら大間違い。虫も獣も鳥もいる。昆虫記者の私的ブログです。

どうでもいいコスズメの芋虫は元気に育ち、貴重なブドウスズメは寄生蜂の餌食になるという不条理

 秋の芋虫探し、ヤブガラシ編第2弾は、コスズメとブドウスズメです。コスズメは毎年腐るほど出会うので、どうでもいいと言えば、どうでもいいのですが、ブドウスズメはなぜか出会いが少ないので、大切に育てたいと思っていました。

 ところが、どうでもいいやつほど元気に育ち、お姫様のように大切に育てた芋虫ほど、あっけなく死んでいくのが、世の常。

 コスズメの芋虫は、正体不明だった幼少時代から、目玉模様の緑の芋虫になり、終齢になると、突然不気味な茶色い芋虫に変身し、蛹になりました。

f:id:mushikisya:20210920164706j:plain

コスズメはヤブガラシで一番多く見つかる芋虫かも

f:id:mushikisya:20210920164754j:plain

このサイズになると目玉模様が出てきてコスズメだと確認できる。

f:id:mushikisya:20210920164849j:plain

今回のコスズメ幼虫は終齢で茶色に変身。

f:id:mushikisya:20210920164941j:plain

目玉模様のインパクトは茶色の方が大きいかも

f:id:mushikisya:20210920165029j:plain

コスズメの名にかかわらず、結構大きな芋虫になる

 ところがブドウスズメの芋虫方は、食欲がないし、全然大きくならない。変だなと思っていたら、ある日背中に寄生蜂の繭を背負っていました。そして当然、芋虫は死に、繭からは、憎き蜂が、やたら元気に飛び出してきました。

 これが自然界の掟というものです。寄生蜂がいなければ、世の中は芋虫の天下となって、植物はすべてボロボロになってしまいます。うまくバランスが取れているというわけです。

f:id:mushikisya:20210920165157j:plain

そしてこちらが貴重なブドウスズメの芋虫。

f:id:mushikisya:20210920165245j:plain

小さい幼虫でもこのカラフルなお尻の角でブドウスズメと分かる

f:id:mushikisya:20210920165515j:plain

背中に寄生蜂の繭を背負ったブドウスズメ幼虫

f:id:mushikisya:20210920165601j:plain

ブドウスズメを殺害した憎き寄生蜂はこいつ

 しかし、どうせ寄生するなら、コスズメとか、セスジスズメとか、腐るほど出会う方の芋虫を選んでほしいものです。わざわざ貴重(昆虫記者にとってだけです)なブドウスズメを選んで寄生しなくてもいいのに。まるで「嫌がらせ」「虫好きハラスメント」だ、などと激怒するのは昆虫記者の身勝手というものですね。

ヤブガラシの茂みに潜むギョロリ目玉の怪物はセスジスズメの芋虫

 秋の芋虫探しの季節もそろそろ終盤。今回はヤブガラシに付く芋虫の第1弾、セスジスズメです。ヤブガラシツツジの植え込みの上などを覆っていることが多い、どこにでもある雑草。なので、ヤブガラシにいる芋虫は、都会の公園でも簡単に見つけることができます。「嬉しいですね」なんて言うのは、芋虫萌え派の虫好きだけです。一般人はスズメガの巨大芋虫など誰も見たくないものです。

f:id:mushikisya:20210918115943j:plain

ヤブガラシの茂みに潜む怪物、セスジスズメの幼虫

 セスジスズメの終齢幼虫は、かなりきれいな(一般人はこれをグロテスクとも呼ぶ)芋虫の部類に入りますね。頭部近くの大きな目玉模様は、天敵を威嚇するためのものでしょう。ちょっといじめると、この目玉の部分を突き出すような動きを見せます。

 胴体にずらりと並んだ、小さめの赤い目玉模様もなかなかの出来栄えです。

f:id:mushikisya:20210918120120j:plain

背中にきれいな目玉模様がずらりと並ぶセスジスズメの終齢幼虫

f:id:mushikisya:20210918120234j:plain

横から見た全体像はこんな感じ

f:id:mushikisya:20210918120306j:plain

路上にこんな大きな糞が落ちていたら上に巨大芋虫がいる証拠

 蛹になる直前には、蛹化に適した場所を探しているのか、縁石の上などを優雅に歩いているのを時々みかけますね。ギョッとして立ちすくむ人と、「うわー可愛い」と歓声を上げる人の比率は、100対1ぐらいでしょうか。

f:id:mushikisya:20210918120403j:plain

大理石の縁石の上を散歩していた宝石をちりばめたような柄のセスジスズメ幼虫

 ヤブガラシの若葉で良く見られるセスジスズメの小さな幼虫も、黒い潜水艦の側面に黄色い丸窓が並んだような姿で、結構キュートです。ギョッとして後ずさりする人と、近づいて手に取ろとする人の比率は、10対1ぐらいでしょうか。

f:id:mushikisya:20210918120521j:plain

ヤブガラシの若葉にはセスジスズメの小さな幼虫が多い。

f:id:mushikisya:20210918120602j:plain

セスジスズメの小さな幼虫は、身に着けて歩きたいほどキュート

f:id:mushikisya:20210918120711j:plain

少し大きくなると、目玉模様の兆しが見えてきます

 何にしても、セスジスズメの幼虫は、存在感のある芋虫です。ほかにも魅力的な芋虫がいるヤブガラシの茂みは、宝の山です。

 

桑の木でキボシカミキリの交尾と、クワカミキリの食事をじっくり観察。

 桑の実って、無料で食べられる木の実の中では抜群においしいですよね。人間は桑の実を食べ、クワカミキリは桑の樹皮を食べ、キボシカミキリ桑の葉を食べる。全く無駄がないですね。桑の木は100%有効利用されるのです。利用される桑の木の方は、ちょっとかわいそうな気もしますが。

 最初に登場するのは、今頃の季節どこの野山に行っても大量に見られるキボシカミキリです。今まさに、交尾に入ろうとしている熱愛カップルがいたので、じっくり観察することに。

 まずは、交尾直前の様子。ドキドキする瞬間ですね…って、カミキリムシの交尾に何を興奮しているのでしょうか。

f:id:mushikisya:20210829212651j:plain

交尾に入る直前のキボシカミキリカップ

 そしてドッキング。やったね。無事交尾にもちこめて、良かった、良かった。

f:id:mushikisya:20210829212759j:plain

無事交尾に持ち込めて満足気なキボシカミキリの雄

 雄のお尻から飛び出ているのは交尾器の一部でしょうか。

f:id:mushikisya:20210829212905j:plain

オスのお尻の先に見えるのは交尾器の一部か

 お取込み中のカップルをしつこく撮影していると、恥ずかしがって移動し始めました。すると、雄の交尾器の先がスルスルと伸びて、長いひも状に。

 

 ひもの中心が膨らんでいるので、たぶんそこが雄と雌の交尾器の接合点。接合点から雌寄りの部分はたぶん雌の交尾嚢とか受精嚢とか言うものでしょう。接合点は鍵と鍵穴のように、がっちりかみ合って、容易には抜けない構造になっているらしいです。人間のカップルより、ずっと一体感がありますね。

f:id:mushikisya:20210829212957j:plain

移動を始めた交尾中のキボシカミキリカップル。お尻から出ているひも状の物体の真ん中の太い部分は、たぶん雄と雌の交尾器の結合部分。

 こちらは、別のキボシカミキリカップル。さきほどは熱愛の邪魔をしてしまったので、今度は暖かい気持ちで遠くから見守るだけにしました。

f:id:mushikisya:20210829213243j:plain

別のキボシカミキリカップル。メスは性欲より食欲。

 上のカップルの雌は、交尾中も食事をやめませんでした。性欲より食欲というのは、昆虫のカップルではよくあることです。この雌の行動で分かるように、キボシカミキリの主食は桑、イチジク、イヌビワなどクワ科の植物の葉です。

f:id:mushikisya:20210829213356j:plain

別のキボシカミキリ単独さん。

 これに対して、もっと大型のクワカミキリは、桑の枝の樹皮を主食としています。

 

f:id:mushikisya:20210829213507j:plain

同じ桑の木でクワカミキリ発見

 

f:id:mushikisya:20210829213600j:plain

クワカミキリは、桑の枝の樹皮を食べます

 

f:id:mushikisya:20210829213711j:plain

クワカミキリの複眼。こんな変な目で世界はどう見えるのか。

 クワカミキリを探すなら、樹皮が削り取られて白っぽくなった枝が目印。キボシカミキリなら、食痕とフンで汚くなった葉が目印。などという知識は、虫好き以外の人々には何の役にもたちません。

 同じ桑の木にキボシカミキリとクワカミキリが同居していることも良くありますが、きちんと住み分け、食べ分けができているので、ケンカにならず平和的でいいですね。でも一般の人々の興味は、たぶんおいしい桑の実だけでしょう。でも残念、もう桑の実の季節はとっくに終わっていますよー。

嫁入り前の娘とクロタマゾウムシを見つけたいなら桐の木を探せ。アオギリではだめです。

 「若い桐(きり)の木が庭にある家には、嫁入り前の娘がいる」などと言われたのは、江戸時代の話のようです。きっと昔は、ナンパ目的に桐の若木のある家を探し回った男たちがいたことでしょう。

f:id:mushikisya:20210820222458j:plain

桐の木と言えばクロタマゾウムシ?

 桐の材は、美しい上に軽くて寸法の狂いも少ないため、日本では箪笥などの家具の材料として重宝されたようです。このため農家に女の子が生まれると、桐の木を植え、その子が嫁入りする際に切り倒して材に変え、嫁入り道具の桐箪笥を作ったのだそうです。桐は成長が早い木なので、女の子が適齢期になる頃には、材木にできるほど立派な木になったのでしょう。庭の桐の木と娘の成長を、両親はどんな気持ちで眺めていたのでしょうか。

 しかしそんな日本の伝統も廃れて、今では近所で桐の木を目にすることはほとんどなくなりました。悲しいですね。でも昆虫記者がなぜ、桐の木が少ないことを嘆くのでしょうか。それはクロタマゾウムシが見られないからです。伝統とか、日本情緒とか全く関係ないです。やっぱり虫です。

f:id:mushikisya:20210820222617j:plain

丸まったクロタマゾウムシはイモムシの糞のようにも見える

 クロタマゾウムシは、小さい虫ですが、丸っこくて、コロコロ転がりそうで、なかなか可愛いのです。その上、ゾウムシの仲間では珍しく、幼虫が葉の上にいて、葉の上で眉を作って蛹になるので、全生態が容易に観察できるのです。

 なので、ずっと探していたのですが、なにせ桐の木自体が少ないので、これまでに見かけたのは何年も前の一度だけでした。しかし今年になって、狭山湖周辺で桐の群生を発見、念願かなって大量のクロタマゾウムシに出会うことができました。

f:id:mushikisya:20210820222801j:plain

4月下旬に狭山湖周辺の桐にいたクロタマゾウムシ成虫

f:id:mushikisya:20210820222854j:plain

f:id:mushikisya:20210820222916j:plain

5月下旬のクロタマゾウムシ幼虫。桐の葉にたくさん開いた丸い小さな食痕が目印。幼虫の期間は1カ月ほどということになりますね。

f:id:mushikisya:20210820223102j:plain

ゾウムシ系の幼虫にはたいてい歩脚がないのに、どうやって葉の上を歩くのか

f:id:mushikisya:20210820223215j:plain

クロタマゾウムシ幼虫には腹脚らしきものがあって、その周辺が粘液で覆われていました。これで葉にへばりついてナメクジのように移動するようです。でも移動速度は結構速い。

f:id:mushikisya:20210820223426j:plain

幼虫にはちゃんと顔もあります。

f:id:mushikisya:20210820223535j:plain

たぶんこの状態が前蛹。周囲のネバネバした幕がそのまま繭になる感じです。

f:id:mushikisya:20210820223738j:plain

そして繭ができました。間もなく新成虫が出てきます。

 「桐の木ってそんなに珍しいの。どこの公園にもあるじゃん」と言う人もいるかもしれません。でもそれはたいてい、桐とは全く種類の違うアオギリなのです。アオギリは街路樹として結構人気だった時期があって、都心の公園でもよく見かけますが、アオギリにはクロタマゾウムシはいません。

 公益財団法人・東京都公園管理協会の皆さん、これからはアオギリではなく、日本の伝統にふさわしい本物の桐の木を公園に植えましょう。

 

都会の園芸家の大敵ハバチは虫好きのアイドル。可愛ければ許してもらえる?

 都会の園芸家の大敵と言えば、イモムシ、毛虫が真っ先に思い浮かびますね。イモムシ、毛虫と言えば、たいていの人が思い浮かべるのは、蝶や蛾の幼虫です。しかし、植物に甚大な被害を及ぼすイモムシとして忘れてならないのがハバチの幼虫です。何と、芋虫を駆除したり、授粉を助けたり、益虫の代表のように思われている蜂の仲間なに、大害虫なのです。

f:id:mushikisya:20210810132356j:plain

シモツケマルハバチの幼虫(左)と産卵の様子

 特に被害がひどいのはバラですね。チュウレンジバチ、アカスジチュウレンジバチというのが、バラの茎を切り裂くように産卵し、孵化した幼虫はバラの葉を見事にボロボロにします。

f:id:mushikisya:20210810132613j:plain

バラの茎を切り裂いて産卵するアカスジチュウレンジバチ。背中の赤い部分が目印

f:id:mushikisya:20210810132809j:plain

こちらは背中が真っ黒なチュウレンジバチの産卵

f:id:mushikisya:20210810133000j:plain

集団でバラを食害するチュウレンジバチの仲間の幼虫。バラの葉がボロボロになっていたら大抵こいつらの仕業

 園芸家にとっては憎きチュウレンジバチの仲間の幼虫ですが、虫好きは結構こいつらのことも好きだったりします。幼虫の群れを驚かせると、一斉にお尻を突き上げて、威嚇ポーズを取るのですが、これが結構楽しいのです。

f:id:mushikisya:20210810133132j:plain

お尻を突き上げて威嚇ポーズをとるチュウレンジバチ系の幼虫

f:id:mushikisya:20210810133227j:plain

チュウレンジバチが群れていたのはこんな場所。このバラが枯れたら園芸家は嘆くでしょう。

 そして最近のお気に入り(やはり園芸家にとっては八つ裂きにしたい大敵です)は、シモツケマルハバチの幼虫です。粉砂糖をまぶしたような、スゥイートでキュートで愛らしい芋虫なのです。幼虫は春にしか見られないようで、チャンスが限られるので、見逃さないようにしましょう。しかし、こいつらの被害も結構甚大で、銀座の小学校のシモツケ(花は非常に可憐です)は、一時期無残な姿になっていました。でも、シモツケマルハバチは年1回の発生(年1化)なので、やがてシモツケは復活します。

f:id:mushikisya:20210810133406j:plain

可憐なシモツケの花に、さらに可憐なシモツケマルハバチの幼虫。

f:id:mushikisya:20210810133546j:plain

花を食べ尽くして、葉を攻撃し始めるシモツケマルハバチの幼虫集団

 ルリチュウレンジバチというのは、ツツジの害虫として有名です。このハバチは、ツツジの葉の周辺部に産卵するのですが、その産卵痕がなかなかに芸術的なので見逃さないように(もちろんルリチュウレンジも園芸家にとっては爆殺したいほど憎い相手です)。

f:id:mushikisya:20210810133742j:plain

ルリチュウレンジバチの産卵

f:id:mushikisya:20210810133843j:plain

葉の周囲を芸術的に縁取るルリチュウレンジバチの産卵痕

f:id:mushikisya:20210810133929j:plain

ツツジの葉を食べ始めた孵化したばかりのルリチュウレンジバチ幼虫

 このほかのハバチも、そこそこの害虫が多いですが、見た目は結構かわいらしいのが多くて、イモムシ好きの女子などには結構人気があります。

 

 

f:id:mushikisya:20210810134210j:plain

カエデにいるハバチの幼虫。ヨウロウヒラクチハバチと言うらしい。

f:id:mushikisya:20210810134255j:plain

名前調べてません。とぐろを巻いたうんちのようですが、それでもかわいい。

f:id:mushikisya:20210810134404j:plain

同じとぐろ巻きでも、こちらはソフトクリーム風

f:id:mushikisya:20210810134446j:plain

ギシギシの葉裏にいつも山ほどいるハグロハバチの幼虫も、捨てがたい魅力がある。

f:id:mushikisya:20210810134619j:plain

モコモコの毛糸にくるまれたようなクルミマルハバチの幼虫

f:id:mushikisya:20210810134838j:plain

鳥の糞に擬態していると思われるオウトウナメクジハバチの幼虫

f:id:mushikisya:20210810134926j:plain

同じナメクジハバチ系でも、水まんじゅうのように涼し気なのはケヤキナメクジハバチの幼虫

 こういう可愛い姿を見ると、園芸家の人々もきっと、ハバチたちの悪行を許したい気持ちになることでしょう…なんてことはないな、きっと。

 

今年も東京都心でカブト、クワガタ三昧。明治神宮、新宿御苑はビルの大海に浮かぶ緑の島。

 たまには童心に戻ってカブト、クワガタ探し。「県境を越えてのお出かけはお控えください」という新型コロナの緊急事態宣言下、都心の新宿区、渋谷区でも、大量にカブト、クワガタが見られるって、奇跡のような幸せですよね。ビルの大海の中の、小さな緑の島のような存在の明治神宮新宿御苑ですが、江戸時代、明治時代からの森が大切に継承されているので、カブト虫、クワガタ虫も生き延び、繁栄を極めているというわけです。

 郊外の緑地だと、虫取り少年たちの餌食になることも多いですが、明治神宮新宿御苑は生物の採集が禁止されている上、あちこちに落ち葉や朽木が積まれていて、カブクワの繁殖に絶好の環境なので、毎年わんさとカブクワが発生するのです。

f:id:mushikisya:20210802195211j:plain

まずは新宿御苑のカブトムシ集団。

f:id:mushikisya:20210802195441j:plain

ホームセンターのカブトムシ売り場のような光景ですね。

f:id:mushikisya:20210802195553j:plain

御苑はともかくカブトが多い。

 それにしても、大人になってもなお、カブクワを見ると妙に興奮するのはなぜでしょう。精神年齢の低さ、思考回路の単純さなど色々と昆虫記者の特性もかかわっているでしょうが、カブクワには何か、神秘的、霊的、神がかり的な力を感じずにはいられません。

 そして、奴らが森に姿を見せ始めると、蝶、カミキリ虫、芋虫などなど、他の虫たちが目に入らなくなるのはなぜでしょう。それは昆虫界の王者に対する畏敬の念と言ってもいいでしょう(大げさ)。

f:id:mushikisya:20210802195722j:plain

親子連れが虫探しに苦労していたので、穴場を教えてあげました。カブトだらけの木の上から大きなノコギリクワガタが落ちてきました。恐らく戦いに敗れたのでしょう。

f:id:mushikisya:20210802195932j:plain

幼稚園児ぐらいの小さなお子さんでしたが、カブクワのつかみ方も慣れたもの。将来が楽しみです。

f:id:mushikisya:20210802200052j:plain

まずまずの型のノコギリクワガタでした。

f:id:mushikisya:20210802200245j:plain

新宿御苑ではこんな道端の木も、よく見ていくと結構カブト、クワガタがいるものです。

f:id:mushikisya:20210802200422j:plain

上の写真の右端の木を拡大すると。ほーらカブトがいました。

f:id:mushikisya:20210802200524j:plain

まだ見つけられない人のために、さらに拡大してみました。

f:id:mushikisya:20210802201108j:plain

ノコギリクワガタカップル。カブトが幅を利かせる木では上の方に避難していることが多い。

f:id:mushikisya:20210802201430j:plain

新宿御苑プラタナス並木。コロナ禍で人出は少ない。人よりカブトの方が多い。

f:id:mushikisya:20210802201541j:plain

遠くには新宿のビルが見える。

 ここからは1週間前の明治神宮の状況です。時期が早すぎたのか、カブクワはやや不作でした。

f:id:mushikisya:20210802201721j:plain

明治神宮の小歯型のノコギリクワガタカップル。

f:id:mushikisya:20210802201812j:plain

大型のノコギリはややくたびれた感じ。高い木の上だったので、写真が不鮮明ですね。周囲の穴ぼこはたぶんキクイムシの仕業。

f:id:mushikisya:20210802202002j:plain

キクイムシを捕獲するトラップです。下の瓶の中にたくさんキクイムシが捕まっていました。コナラやカシの木がかなり被害を受けています。この木も恐らく枯れてしまうのでしょう。

f:id:mushikisya:20210802202202j:plain

明治神宮新宿御苑より森が深く、細い散策路もないのでカブクワ探しには不利。

f:id:mushikisya:20210802202327j:plain

明治神宮の隣は若者の街の原宿。早朝は静かです。


 そして、奴らカブクワが樹液酒場を支配するようになると、日本の虫の最盛期はもう終わりに近づいています。虫の一番の季節は春から初夏。盛夏、晩夏になると、見られる種類はかなり減ってくるのです。つまりカブクワの盛りは、花火大会でのフィナーレの尺玉一斉爆発みたいなものです(これも大げさ)。

 明治神宮の夕刻にはヒグラシの悲しげな声が響き、新宿御苑の昼下がりには、夏の終わりが近いことを告げるツクツクボウシの奇妙な節回しが聞かれます。

f:id:mushikisya:20210802202554j:plain

夏の終わりが近いことを告げるツクツクボウシ

 明治神宮新宿御苑のカブクワ詣でを終えると、昆虫記者の夏ももうすぐ終わりです。

明治神宮拝殿のナナフシ撮影で痴漢冤罪体験

 明治神宮の拝殿の入り口に大きなナナフシがいました。新横綱照ノ富士が奉納土俵入りを行う予定(コロナで延期になりました)の日だったので、見物に来たのかも。

 人がたくさん通る場所なので、人物を入れた写真にした方が面白いだろうと思い、しゃがみ込んで撮影。ただナナフシのいたのが非常に低い位置だったため、知らない人が見たら、まるでローアングルショットで女性を狙う痴漢のようだったことでしょう。

 案の定、すぐに係官が飛んできて詰問されました。昆虫記者はナナフシを指さして、しどろもどろの説明。何とか逮捕を免れましたが、虫撮りは常に、痴漢、覗き魔、コソ泥などの冤罪の危険をはらんでいます。

f:id:mushikisya:20210725123009j:plain

明治神宮拝殿の入り口にいたナナフシ(左、中央)。近くの灯篭(右)にもいました。

 ちなみに単に「ナナフシ」という名の虫はいなくて、一番多いナナフシの仲間は、今回登場したナナフシモドキです。一番数が多いし、ナナフシと呼ぶにふさわしい、いかにもナナフシという姿なのに「モドキ」とは失礼ですね。それに、通常日本で「ナナフシ」と言えば、このナナフシモドキのことを指すという説もあり、そのうち学会の偉い人たちの協議で「モドキ」が取れる日が来るかもしれません。

 

f:id:mushikisya:20210725124918j:plain

ちゃんと参拝もしました。神社では必ず参拝しましょう。痴漢冤罪で逮捕されなかったのは、神様のご加護があったからです。

 ナナフシと言えば擬態昆虫の代表格ですが、このナナフシモドキは、なぜか大きくなると、非常に目立つところに出てくる癖があるように思います。人家の壁や軒下、道端の看板などで見つけることも多いです。

 

 つい先日も、横浜の金沢自然公園で、観光案内係のように、公園の案内地図の横に鎮座していました。

f:id:mushikisya:20210725123228j:plain

金沢自然公園の案内地図の横にいたナナフシ

f:id:mushikisya:20210725123334j:plain

ナナフシモドキはなぜか、大きくなると目立つ場所に出てくることが多い

 姿が奇妙なため、ナナフシのことを珍しい虫と思っている人も多いですが、実は都心の公園にもたくさんいて、特に春に見られる小さな幼虫は、エノキ、サクラなどのひこばえに群れていることがよくあります。エサは近所にいくらでもあって、飼うのが簡単なので、虫好きのお子さんのいる家庭には、非常におすすめです。

 

f:id:mushikisya:20210725123623j:plain

葛西臨海公園のエノキにいたナナフシの小さな幼虫

f:id:mushikisya:20210725123715j:plain

新宿御苑のナナフシ

f:id:mushikisya:20210725123755j:plain

かなり以前に水元公園で撮ったナナフシ。たくさんいても気づかれないことが多い。

f:id:mushikisya:20210725123900j:plain

金沢自然公園のトビナナフシ幼虫。コナラにいることが多い。

f:id:mushikisya:20210725124013j:plain

トビナナフシには一応羽がある。幼虫なので、まだ羽は小さい。

 日本の男の子たちの間では、やはりカブト、クワガタが人気ですが、オーストラリアではナナフシ飼育が結構人気らしいです。どうです、ナナフシを飼ってみようという気になりましたか。ならないですよね。