虫撮る人々

地球は人間の所有物と思ったら大間違い。虫も獣も鳥もいる。昆虫記者の私的ブログです。

絶滅していなかった東京のアカマダラハナムグリ

 今回は少し虫に詳しい人以外には、どうでもいい話かもしれません。話題は「絶滅していなかった東京のアカマダラハナムグリアカマダラコガネ)」です。東京・町田市の某所にてクヌギの樹液で見つけました。東京では絶滅種扱いのようなので、生存が確認されて「大はしゃぎ」するのは、一般社会から隔絶されたごく一部の虫好き都民(昆虫記者を含む)だけでしょう。

f:id:mushikisya:20200913143048j:plain

絶滅していなかった東京のアカマダラハナムグリ

 さしてきれいでもなく、さして大きくもなく、目立たない虫なので、カブト、クワガタ、タマムシなど一般に人気の虫を探している男の子なんかだと、見逃してしまう虫かもしれませんね。

 

 実際、恥ずかしながら昆虫記者も、アカマダラハナムグリアカマダラコガネの方が一般的呼び名ですが、正式にはハナムグリ系のようです)を視界の端に捉えながらも、「なんか薄汚れたハナムグリがいるな」ぐらいに思って、近くにいたクワガタを先に撮影していたくらいです。まさに昆虫記者の名折れですね。

f:id:mushikisya:20200913143136j:plain

樹液を吸う姿は全く目立たないアカマダラハナムグリ

 コアオハナムグリの褐色型を少し大きくして、泥をこびり付かせたら、こんな感じになるのではないかと思わせる色模様でした。

 

 しかし、小楯板(背中の固い羽をつないでいる蝶番のような部分です)に特徴的な「矢印」のような模様。これはアカマダラに相違ありません。

f:id:mushikisya:20200913143246j:plain

小楯板に特徴的な矢印模様があるアカマダラハナムグリ

f:id:mushikisya:20200913143409j:plain

アカマダラハナムグリの全体はこんな感じ。手に乗せるとそこそこの見栄え

 以前に「バカの壁」などの著書で有名な解剖学者の養老孟子さんに、箱根で見つけたアサカミキリの写真を見せた際に、各地で絶滅が危惧されているので、詳しい生息場所は明らかにしない方がいいと忠告されたことがあるので、今回も詳しい場所は紹介しません。でも町田ですから、山奥ということではなくて、近くに家並みが見える普通の雑木林でした。

f:id:mushikisya:20200913143559j:plain

 

 幼虫が猛禽類の巣の中で育つことが多いとのことなので、町田市の丘陵地帯、里山地帯は多くの猛禽類の生息地としても、貴重な場所なのかも。町田に残された自然を守ることの必要性を訴える一助になれば、うっかり昆虫記者に発見されてしまったアカマダラハナムグリとしても、鼻が高いことでしょう。

f:id:mushikisya:20200913143622j:plain

このあと飛び去っていったアカマダラハナムグリ。東京にとどまってほしい。

 貴重な生物なので、もちろん標本になどしていません。写真を撮った後は、指先から飛び去るにまかせて逃がしてやりました。

小山田の人相の悪い虫たち

 東京町田市の小山田緑地編、最後は暑くて死にそうだった8月です。

 

 人相の悪いウスバカミキリが木の洞に潜んでいました。昼間に見かけるウスバカミキリはいつもこういう洞にいます。今回のは浅い洞でしたが、大抵はもっと深い洞にいます。シロスジカミキリが羽化した後のような小さな穴に潜っていることもありました。暗い性格のカミキリのようです。

f:id:mushikisya:20200913113100j:plain

ウスバカミキリは昼間はこんな洞の中にいる

f:id:mushikisya:20200913113144j:plain

人相の悪いウスバカミキリ

 ウスバカミキリよりもっと人相が悪いのは、クロフヒゲナガゾウムシ。

f:id:mushikisya:20200913113217j:plain

本当に悪そうな顔のクロフヒゲナガゾウムシ

f:id:mushikisya:20200913113253j:plain

背中の模様は結構オシャレなクロフヒゲナガゾウムシ

 ノコギリクワガタは歴戦の勇士というか、つわものどもの夢の後というか、戦に敗れた敗残兵のような傷だらけの♂を見つけました。夏の終わりを感じさせまね。

f:id:mushikisya:20200913113447j:plain

歴戦のつわもの。傷だらけのノコギリクワガタ

 カブトムシは死骸ばかり。夏の終わりは悲しいものです。

f:id:mushikisya:20200913113529j:plain

 

 秋が近づくと、愛のぬくもりが欲しくなりますね。そんなぬくもりを人間界に期待できない昆虫記者は、虫のカップルを眺めて心を癒します。

 

 エゴ(ウシズラ)ヒゲナガゾウムシのカップルも、そんな癒し系ですね。ウシ面の♂とウマ面の♀でも、ちゃんとカップルになれる。割れ鍋に綴じ蓋的な夫婦関係もいいものです。

f:id:mushikisya:20200913113627j:plain

エゴヒゲナガゾウムシのカップ

f:id:mushikisya:20200913113658j:plain

下のウマ面が♀、上のウシ面が♂


 羽の短いバッタが交尾していました。未成年者(幼虫)の不純な異性行為のようにも見えますが、これで立派な成虫です。フキバッタの仲間は成虫になっても羽が短くて、幼虫のように見えます。

f:id:mushikisya:20200913113751j:plain

フキバッタの仲間は成虫でも短い羽。未成年(幼虫)が悪さをしているわけではありません。

 カブクワなど大物が姿を消すと、虫撮りもイモムシ探しがメインになりますね。今回はカギバガ系を2匹見つけました。

 

 まずはアシベニカギバ。何と気付いたらカメラバッグの上にいました。昆虫記者が虫に好かれている証拠?。

f:id:mushikisya:20200913113927j:plain

アシベニカギバ(たぶん)の幼虫

 こちらもカギバガ系(未同定)です。

f:id:mushikisya:20200913114004j:plain


 6月には弱弱しかった稲も、夏らしく立派に成長していました。 

f:id:mushikisya:20200913114043j:plain

 前回紹介したアサザ池から斜面の散策路を登ると、つり橋があって、ちょっと冒険気分になれます。

f:id:mushikisya:20200913114117j:plain

小山田緑地のつり橋

 

杖を持つお爺さんと杖のようなナナフシのコラボ

 東京・町田市の小山田緑地編、まだしつこく続きます。まずは風景と人物と虫を組み合わせた苦心の作から。題名は「杖を持つおじいさんと、杖のようなナナフシ」。これはもう、昆虫記者、昆虫写真家というより、昆虫詩人(誰が?)ですね。やらせでも何でもない、一期一会のシャッターチャンス、などというほどのことはありません。お爺さんも、ナナフシも、全く動かないですから、その気になれば誰でも(誰もその気にならない)撮れる写真ですね。

f:id:mushikisya:20200909185613j:plain

杖を持つお爺さんと、杖のようなナナフシ。絶妙の取り合わせですね。

 小山田緑地へと通じる小山田の道は、夏は暑くてたまらないので、ちょっと水辺に寄ります。田んぼ脇の道をしばらく行くと、アサザ池というきれいな湧き水の池があります。お弁当を食べるならここがいいです。

f:id:mushikisya:20200909185721j:plain

涼しさを誘うアサザ

 水面に浮かぶアサザの葉が清涼感を誘います、などと詩人を気取りながら葉の上を眺めていると、葉上にたくさんのハムシが群れているのが目に留まりました。交尾に忙しい、イネネクイハムシ(たぶん)です。弁当を食べている最中でも虫を撮る。これぞまさにプロ(誰もプロとして認めていない)ですね。

f:id:mushikisya:20200909185756j:plain

アサザの葉上にはたくさんのイネネクイハムシ

f:id:mushikisya:20200909185825j:plain

交尾に忙しいイネネクイハムシ

 そして汚い鳥の糞。に見えますが、ゾウムシの仲間のようです。鳥の糞に似たゾウムシと言えば、クズにいるオジロアシナガゾウムシが有名ですが、今回のはもっと細長くて、もっと鳥の糞に似ているホソアナアキゾウムシでした。

f:id:mushikisya:20200909185906j:plain

汚い鳥の糞、ではなくて

f:id:mushikisya:20200909185934j:plain

ホソアナアキゾウムシのようです

 小山田緑地クヌギの樹液には、コクワガタに似た地味なクワガタのカップルがいました。スジクワガタです。都心はコクワガタ天国で、スジクワガタはめったにいないのですが、ちょっと郊外、ちょっと山っぽいところに行くと、スジクワガタの方が優勢になる感じですね。

f:id:mushikisya:20200909190015j:plain

スジクワガタのカップ

f:id:mushikisya:20200909190049j:plain

山地ではコクワガタより多い感じのスジクワガタ


 でもコクワガタとの見分けは、ちょっと微妙。メスは背中(鞘翅)の筋が目立つのでコクワでないと分かります。オスは牙(大顎)の中ほどの歯が二股、ないし台形になっているのがスジクワガタで、尖った一本歯がコクワです。でも小型になると、この歯が目立たなくなるので、ほとんど見分けがつきません。

 

 なんて、言葉で言うより、写真で見た方が簡単ですね。

f:id:mushikisya:20200909190210j:plain

スジクワガタ♂の大顎

f:id:mushikisya:20200909190411j:plain

これがコクワガタの♂。大顎の歯に注目。

 今回の出演者は地味系ばかりだったので、最後はちょっとおしゃれ系のゴマダラオトシブミで締めます。クヌギやクリの葉を巻くオトシブミですが、巻き方が他のオトシブミよりずっと下手なので、すぐに分かります。あっ、でも巻いた葉の写真を撮るのを忘れました。来年はしっかり撮ります。

f:id:mushikisya:20200909190618j:plain

オシャレ系のゴマダラオトシブミ

 

ポンポンを脚に付けたチアガール風のモモブトスカシバ

 多摩ニュータウン付近の昆虫散策路シリーズ再開です。東京都外への旅行自粛で、今年は多摩センター駅を中心に多摩市、町田市、八王子市を徹底攻略することに。攻略と言うとカッコイイですが、実態は、都内引きこもり型の苦渋の選択ですね。

 それでも、悪い事ばかりではありません(そう思わないとやってられない)。都心からすぐのところに、まだこんな里山的自然がたくさん残っていることに気付いただけでも収穫です。

 今回は小山田の道から小山田緑地の続編。リョウブ(だと思う)の花に集まる虫から紹介します。

 いつものハナムグリ系が群れ飛ぶ中に、モモブトスカシバの姿が。蛾の中には後ろ足をチアガール風に飾り立てているのが何種かいますが、このモモブトスカシバは、その中でも1、2を争う過剰装飾系ですね。

f:id:mushikisya:20200908211447j:plain

チアガールのポンポンを脚に付けたようなモモブトスカシバ

 チアガールが手に持つポンポン(pompon)を後ろ足にたくさん付けているような姿ですが、別に誰を応援しているわけでもないようです。モモブトスカシバを見て、チアガールを思い浮かべるというのは「まぎれもなく欲求不満の証拠だ」と精神分析する人もいるでしょうが、そんなことはありません。チアガールは、世のすべての男性の永遠の憧れの対象なのです。

 モモブトのポンポンはややトゲトゲしていて、チクチクと痛そうなので、ファンを引き付けるよりは、外敵に攻撃をためらわせる効果があるかもしれませんね。

 ただ、飛んでいる時は、かなり邪魔そうでした。

f:id:mushikisya:20200908211923j:plain

飛ぶ時は脚のポンポンが邪魔そうなモモブトスカシバ

f:id:mushikisya:20200908212007j:plain

 

 リョウブの花のその他の訪問者は、つまらない姿のいつもの顔触れですが、容姿差別をしてはいけないので、一応紹介しておきましょう。

f:id:mushikisya:20200908212053j:plain

アオハナムグリ

 

f:id:mushikisya:20200908212123j:plain

クロハナムグリ

 

f:id:mushikisya:20200908212302j:plain

ヒメトラハナムグリ

 

f:id:mushikisya:20200908212355j:plain

キイロトラカミミリ

 コアオハナムグリもたくさんリョウブに来ていたのですが、あまりきれいな絵になっていなかったので、コアオはアジサイとのコラボの写真にしました。

f:id:mushikisya:20200908212623j:plain

コアオハナムグリアジサイ


 これ、たぶんリョウブの花ですよね。季節は6月末とちょっと早いのですが。

f:id:mushikisya:20200908212753j:plain

 

 田んぼのイネもまだ小さく弱弱しい季節でした。

f:id:mushikisya:20200908212854j:plain






 

犬の顔を持つ猫、あるいは犬と猫の合成生物?

 今回は、ほんとうにどうでもいいネタです。

 ある日、息子が携帯で、ご近所の動物写真を撮ってきました。

 「可愛い猫がいたから見て」と携帯画面を見せます。息子の言う「可愛い」はいつも「どこが可愛いのか、理解不能」のことが多いので、昆虫記者と妻は「またか」という感じで、画面をのぞき込みました。

 

 「何言っての、これ、犬じゃん」というのが、妻の第一声。息子の審美眼には、大きな疑いを抱いてきたのですが、ついに犬と猫を見間違えるほど錯乱してきたかと思いつつ、昆虫記者も携帯の写真に見入ります。すつるとやはり、それは「犬じゃん」。

f:id:mushikisya:20200906140342j:plain

小さな画面で、離れたところから見たら、ビーグル犬のキョトンとした顔に見えました

 しかし息子が「違う、違う、猫だよ」と言い張るので、よくよく目を凝らしてみてみると「猫じゃん」。

f:id:mushikisya:20200906140504j:plain

ちょっと解像度を上げてみると、犬ではないような

f:id:mushikisya:20200906140603j:plain

もっと解像度を上げると

 猫のお尻の模様がビーグル犬の模様になっていたのです。猫の尻尾も、まるでビーグル犬の垂れ下がった耳のようなのでした。

f:id:mushikisya:20200906140707j:plain

全体像はこんなです。この前かがみの姿勢も、お尻の犬の顔を際立たせていたのですね

f:id:mushikisya:20200906140900j:plain

普通に歩き始めたら、普通の猫でした

 しかし、昆虫記者も妻も一瞬で、お尻の模様がビーグル犬そっくりと気づいたのに、写真を撮った当人は全く気付いていないとは、どういうことなのか。これは、審美眼がどうのこうのというよりも、ずっと深刻な問題のようです。

昆虫写真家・森上信夫氏の新著は世のヘタレな人々のバイブル

 昆虫写真家・森上信夫氏の新著「オオカマキリと同伴出勤」は、これまで読んだ虫系の本の中で「一番の感動の書」でした。などと言うと、どんなすごい「大発見と大冒険」の書なのかと期待する人がいるかもしれませんが、全くその逆なのです。

 虫好きで、なおかつ相当にヘタレな人々(昆虫記者のような人です)が読むと、「そうか、ヘタレでも、それなりに素晴らしい人生が送れるのだな」と納得し、暗くわびしい未来に、一筋の光明が見えるのです。

f:id:mushikisya:20200830113801j:plain

昆虫写真家・森上氏の新著はヘタレのバイブル

 

 森上さんとは何度も虫撮りでご一緒しているので、ある程度ヘタレであることは知っていたのですが、これほどのヘタレとは。昆虫記者もヘタレ度ではだれにも負けない自信があったのですが、何事にも上には上があるものですね。完敗です。ヘタレ度で負けたというのは、悲しむべきなのか、喜ぶべきなのか、微妙なところです。

f:id:mushikisya:20200830113938j:plain

ご一緒した時の森上氏。森上氏は常に重装備のため、動きは昆虫記者の方がやや俊敏

f:id:mushikisya:20200830114205j:plain

後方が森上氏。いつもこの長靴姿。ファッション的には昆虫記者が若干優位。

 森上さんは、平日の昼間はサラリーマン。平日夜と休日だけ、プロの昆虫写真家。そのことだけでも、既に相当なヘタレですね。プロを自称(本格昆虫図鑑の写真もたくさん撮っているので本当にプロです)しながらも、昆虫写真だけで食べていく(かなり厳しい生活になるようです)勇気がなく、なかなかサラリーマンから足を洗えない。それが足かせとなって、季節と時間の制約が大きい昆虫生態写真はいつも綱渡り状態。それはもう、涙無くして語れないほどの、挫折と失敗と苦労の連続です。それでも何とか、昆虫写真家として、それなりの(本人は謙遜していますが、昆虫記者から見ると雲の上の人です)名声と成功を手にしているのは、奇跡と言えるでしょう。

f:id:mushikisya:20200830114442j:plain

森上さんの案内で見つけたタケウチトゲアワフキ

f:id:mushikisya:20200830114847j:plain

キンケノミゾウムシの食痕と蛹室。森上さんはこういう変なものが好き

f:id:mushikisya:20200830115123j:plain

森上さんが見つけてくれたコブシの新芽に擬態するオオアヤシャク幼虫

f:id:mushikisya:20200830115252j:plain

森上さんの案内で見つけたミイデラゴミムシ。100度以上の高温の毒ガスを発射する。

 新著の最初の方、休日のホタル撮影で不審者扱いされ、女性に悲鳴を上げられたのは笑えました。産卵直前のオオカマキリの出産を遅らせるため、職場に連れていって、ストレスをかけ続けたのは、サラリーマンの悲哀ですね。そして1人でマレーシアのジャングルに行く度胸がなく、冒険派の写真家に同行してもらい、現地での英語のやり取りに全くついていけなかったというエピソードでは、昆虫記者は勝った(ヘタレ度では負けた)と、ドングリの背比べ的感覚を味わったのでした。

f:id:mushikisya:20200830115612j:plain

森上さんの新著の中のマレーシアの昆虫写真

 ちなみにこのマレーシアの話で出てくるA氏は昆虫記者で、M子ちゃんはこのブログでも時々登場する昆虫文学少女の麻由子ちゃんです。昆虫記者は度胸と勇気では麻由子ちゃんに負けていますが、ヘタレ度では勝っています。ヘタレ度=森上氏>昆虫記者>麻由子ちゃん。度胸と勇気=麻由子ちゃん>昆虫記者>森上氏。という方程式ですね。

新宿3丁目駅から徒歩5分で憧れのヤマトタマムシに会える

 大都会東京の繁華街新宿には、大型の虫の中ではピカイチの美しさを誇るヤマトタマムシがたくさんいます。新宿3丁目駅で地下鉄を下車して徒歩5分ほどで、もう昆虫天国の新宿御苑に到着です。

 

 タマムシは、虫と植物の関係・新宿御苑編のフィナーレを飾るにふさわしい虫ですね。

f:id:mushikisya:20200823182558j:plain

ヤマトタマムシは、上羽を広げた時だけ見える柔らかい腹部まで、完璧に着飾っています

 タマムシ成虫の餌になる植物として一般的なのはエノキですね。でもエノキはどこにでもある木で、かなりの大木になります。そしてタマムシは、カンカン照りの日にエノキの上の方の日当たりのいい場所を飛んでいることが多いので、写真に撮るのは至難の業です。

 

 なのでエノキにやってきたタマムシの写真は、苦労して撮った過去写真です。これも都心での撮影です。

f:id:mushikisya:20200823182759j:plain

エノキに食事に来たタマムシ

f:id:mushikisya:20200823182830j:plain

 

 タマムシの写真を簡単に撮りたい人は、伐採木置き場に行くのが得策です。わりと太めの広葉樹(エノキ、ケヤキ、桜などが好みですが、クヌギ、コナラにもよく来ます)の材が多い所で、これまたカンカン照りの日にじっと待ち続けていると、熱中症になる頃にたいてい2、3匹は目撃できることでしょう。

 

 タマムシの仲間は、前羽(鞘翅)を広げた際に見える柔らかい腹部まで、キンキラです。今回は羽の下の腹部までよく見える写真(冒頭の1枚)が撮れました。奇跡の1枚とはこのこと。さすがプロ(誰が?)ですね。

 

 タマムシは表(背中)側だけでなく、ひっくり返した裏側も無駄にきれいです。ひっくり返すとたいてい死んだふりをするので、裏側の写真を撮るのは、プロ(誰が?)でなくても簡単です。

f:id:mushikisya:20200823183050j:plain

タマムシはひっくり返した裏側も無駄にきれい

 そして今回は、もう1種類、新宿御苑の植物と虫の関係を語りたいと思います。

 

 卵、幼虫、蛹、蛹の抜け殻をご覧ください。これで何の虫か言い当てる事ができたら、あなたも立派な虫屋(だれも立派な虫屋になりたいとは思わない?)です。

f:id:mushikisya:20200823183147j:plain

ある虫の卵

f:id:mushikisya:20200823183212j:plain

ある虫の幼虫孵化シーン

f:id:mushikisya:20200823183241j:plain

ある虫の孵化直後の幼虫

f:id:mushikisya:20200823183314j:plain

ある虫のかなり成長した幼虫

f:id:mushikisya:20200823183407j:plain

ある虫の蛹

f:id:mushikisya:20200823183500j:plain

ある虫の蛹の抜け殻

 ジャガイモ、ナスなどの大害虫として、農家に嫌われていると言えば、ピンと来た人も多いでしょう。

 

 そうです。ニジュウヤホシテントウですね。でも畑のない都会では、ニジュウヤホシは害虫どころか、益虫と呼んでもいい存在なのです。ナス科のいやらしい雑草のイヌホウズキやワルナスビなどをボロボロにしてくれます。

f:id:mushikisya:20200823183548j:plain

正解はニジュウヤホシテントウでした

 特にトゲトゲで繁殖力の強いワルナスビは名前からして悪い茄子ですから、ニジュウヤホシは「悪者退治の正義の味方」ですね。なーんて言っても、どこからも拍手は聞こえてきません。なにせ、どこにでもいる、目立たない、超雑虫のニジュウヤホシですから。ニジュウヤホシが大好きなんて人は、虫好きの中でも聞いたことがありません。

 「タマムシまででやめておけば良かったのに」という落胆の声が聞こえてきます。失敗しました。