虫撮る人々

地球は人間の所有物と思ったら大間違い。虫も獣も鳥もいる。昆虫記者の私的ブログです。

怪虫ざんまい、虫のオスとメス見分けられますか、昆虫食スタディーズ=献本感謝

 昆虫関係の書は春に出すと一番売れるそうで、今春は色々献本していただきました。昆虫記者がブログで紹介したところで、売り上げにはほとんど貢献しないのですが、いただいた1冊分ぐらいの効果があれば、それで良しとしましょう。

 1冊目は裏山の奇人として知られる昆虫学者、小松貴氏の「怪虫ざんまい・昆虫学者は今日も挙動不審」です。

 小松氏とは極寒の2月に、沢の冷水の中でのヒメドロムシ探しにご一緒しました。その難行苦行の様子を時事ドットコムの「昆虫記者のなるほど探訪」で紹介しているので、どれほどの奇人かは、同記事の行間からもにじみ出ていると思います。

 「怪虫ざんまい」は、非常にマニアック(昆虫学者などという者はたいていマニアック)ですが、UMA(未確認生物)を探す探検・冒険物としても非常に楽しく読めます。

小松貴氏の「怪虫ざんまい」

「怪虫ざんまい」の漫画的な中見出し。虫探しを楽しむ小松氏の行動は漫画的に面白いです。

 2冊目は、昆虫記者の虫撮り仲間、虫友でもある昆虫写真家、森上信夫氏の「虫のオスとメス、見分けられますか」です。

 さすが昆虫写真家という写真の美しさが際立つ一冊です。小中学校で虫博士として名をはせるためには必読の書です。昆虫記者でさえ知らない(浅学なので当然ですが)見分け方が丁寧に説明されています。なお、カバー裏面と10、11ページにあるヒゲコメツキの写真のうち、オスはたぶん昆虫記者が被写体を提供したものだと思います。なので、光栄なことに、協力者一覧の中に昆虫記者の名前(本名)も出てきます。

森上信夫氏の「虫のオスとメス、見分けられますか」

このヒゲコメツキのオスはたぶん、昆虫記者が提供したもの。

 3冊目は、昆虫食の普及に力を入れている異色の昆虫学者、水野壮氏の「昆虫食スタディーズ・ハエやゴキブリが世界を変える」です。

 面白がって虫を食べる(興味を持つという点でこれも非常に大事です)だけでなく、タンパク源としての重要性、生産効率、環境負荷、昆虫食の歴史など、さすがは学者(昆虫記者とは大違い)という的確な情報分析、鋭い考察に満ち溢れた一冊です。昆虫記者お勧めの食材であるヤシオオオサゾムシの幼虫、バラエティー系美人タレントの井上咲楽.さんの好物らしいモンクロシャチホコの幼虫(俗称サクラケムシ、咲楽さんの眉毛とは無関係)なども登場します。

水野壮氏の「昆虫食スタディーズ」

ヤシオオオサゾウムシやモンクロシャチホコも登場します。

 

虫好きにとって銀一(ギンイチ)は銀座1丁目ではなくて、ギンイチモンジセセリです

 銀一(ギンイチ)と言えば、銀座1丁目、それとも銀河特急1号?。虫好きの間では、言わずと知れた(一般人は誰も知らない)ギンイチモンジセセリですね。

 ギンイチモンジセセリは、春に撮ってこそ。夏型はギンイチの名の由来である銀色の一本線がほとんど見えないので、ギンイチであってもギンイチでないのです。

翅裏の銀色の筋が粋なギンイチモンジセセリ

 今年は何とか、多摩川河川敷と荒川河川敷で、ギンイチモンジセセリの春型を撮ることができました。などと言うと、どんなにきれいな蝶なのかと思う人がいるかもしれませんが、大してきれいな蝶ではありません。なにせセセリですから。

4月上旬、多摩川河川敷で撮ったギンイチモンジセセリ

4月中旬、荒川河川敷のススキ原で出会ったギンイチモンジセセリ

翅の表は黒一色で地味の極致のギンイチモンジセセリ

 それでも、銀色の一文字が鮮明な春型は、虫好きにとってはなかなか粋な姿です。でもわざわざギンイチモンジセセリを狙って、多摩川河川敷や荒川河川敷に来ている人は誰もいませんでした。

 ギンイチモンジセセリの今年の撮影場所の1つは荒川沿いの秋ヶ瀬公園でした。カメラを構えたすごい人だかりがあったので、何を狙っているのか尋ねたところ、答えはもちろん「ギンイチ」ではなくて、コマドリとのことでした。

コマドリを撮ろうと群がる人々

はるか昔にロンドンで撮ったヨーロッパコマドリ

 最寄り駅の西浦和でもカメラを構えたすごい人だかりができていまいた。狙いはもちろん「ギンイチ」ではなく、寝台特急カシオペアでした。

寝台特急カシオペアを撮ろうと群がる人々

西浦和駅を通過した寝台特急カシオペア撮り鉄ではないですが、来れば撮る。

 鳥と電車に比べて、虫のなんと人気のないことか。とくにセセリでは、全く勝負になりませんね。バードウォッチャーや撮り鉄の人口はきっと、虫好きの100倍、1000倍ぐらいなのでしょう。もっと頑張って虫を盛り上げないと、と使命感に燃える昆虫記者でした。

 

蜘蛛(クモ)は交尾しないって、どういうこと?

 

 蜘蛛(クモ)は交尾をしません。じゃあ、どうやって繁殖するの?という疑問が生じますね。

 クモの雄はちゃんと精子を雌に受け渡すのですが、その方法が、生殖器同士を接触させる交尾とは違うのです。

  クモの仲間の雄は、腹部から出した精子を、頭部付近の触肢という手のような器官で吸い取り、その触肢を雌の腹部の生殖器に挿入します。これがクモの生殖行為。つまり生殖器同士が接触しないので、この行動を「交尾」とは呼ばず、「交接」と呼ぶようです。まあ、一般的にはこれも交尾の一種ととらえることもありますが、厳密には交接なのだそうです。

ワカバグモの交接。雄が雌のお腹をくすぐっているようにも見えますね。

 何だか、注射器で精子を注入する人工授精みたいで、クモの生殖行為は味気ないなとか思っていたのですが、実際に目にする、それがなかなかどうして、結構エンジョイしている感じでした。

 今回目撃できたのは、ワカバグモという全身若葉色のクモのカップルの交接現場。雄雌ともにお尻から出した糸で空中にぶら下がった状態での交接は、アクロバティックで、かなり技術を要するのではないかと推察されました。

ワカバグモの交接。雄の背中側から撮影。

ワカバグモの交接を雌の背中側から撮影。8本の脚が絡み合って阿修羅像のようですね。

 体の大きい方が雌、小さいほうが雄です。雌は昏睡状態のように体を伸ばし切った状態でほとんど動きません。雄だけがせっせと触肢を動かして生殖行為に励んでいる感じです。

 細い糸に支えられた空中ブランコのような状態なので、激しい動きはできないのでしょう。静かな愛の営みでした。

 昆虫の場合は、雄が不要な単為生殖のものもいますが、大抵は交尾して子孫を増やします。ただ、トンボの場合は、雄が生殖器から副生殖器精子を移してから交尾する(雄雌のお尻の先が接することはありません)ので、クモの交接に近い感じかもしれません。

アオシャク幼虫の擬態を暴く

 アオシャクの仲間の幼虫の擬態は有名ですね。しかし、老眼で目が節穴化している昆虫記者はこれまで、やつらの擬態を見抜くことができず、惨敗を重ねてきたのでした。

 しかし、ついに今年、やつらの擬態を暴いたのです。といってもたった1匹。その姿がこれです。

恐竜ステゴザウルスのようなカギバアオシャクの幼虫。

 ドドーン。恐竜ステゴザウルスみたいな派手な姿ですね。これで擬態になるのか、はなはだ疑問ですね。

 実はアオシャク幼虫は、真冬に木々の冬芽に擬態しているのが有名で、それを見抜くのは(少なくとも昆虫記者にとっては)至難の業。大きくなるにつれて、だんだんとその姿が派手になっていきます。最初の写真は、蛹化直前の一番派手な頃の姿です。

 今回幼虫を見つけたのは春です。それでも結構巧妙な擬態でした。その時の姿がこれ。

アラカシの新芽に擬態するカギバアオシャクの幼虫

こちらはただのアラカシの新芽。アオシャク幼虫にそっくり。

 アラカシの新芽から棘のような新葉が伸び始めた頃、その新芽に擬態しているので、古い葉は食べずに、新芽、新葉ばかりを食べているようです。これを見つけただけでも、目が節穴の昆虫記者としては快挙です。パチパチ。

アラカシの新芽をバックに撮ったカギバアオシャク幼虫の姿

 かなり大きくなった幼虫を、アラカシの新芽をバックに撮影してみました。この段階でもなお、そこそこの擬態になりそうです。

 

 この手のアオシャクの仲間の幼虫は、みな似ているので、幼虫段階での正確な種別の鑑定は(少なくとも昆虫記者には)困難です。今回は羽化して、カギバアオシャクと判明しました。

今回の幼虫は無事蛹化、羽化させることができたので、カギバアオシャクと判明

 都会でも時々見かける普通種ですが、和服のような繊細な柄は、きれいな蛾トップ10に入れても良さそうですね。

子どもの頃は巨大な蜂だと思って怖がっていたオオスカシバが先日羽化しました

 我が家でオオスカシバが羽化しました。子どもの頃は巨大な蜂だと思って怖がっていたオオスカシバですが、蛾だと知ってしまうと可愛いものです。

f:id:mushikisya:20220410105225j:plain

我が家で春に羽化したオオスカシバ。巨大な蜂のようですが、毒針などの凶器は持っていません。

 虫の知識が増えるに従って、蜂もあまり怖くなくなりました(スズメバチは別ですが)。クマバチなど、テリを張って威嚇しているのは毒針のない雄だと知ってしまうと、全然怖くないですね。

 オオスカシバは翅が透明(羽化直後は鱗粉があります。最初の写真でも少し鱗粉が残っています)で、体色が派手な警戒色で、お尻に毒針風の黒い毛束を付けていて、かなり大型でもあるので、確かに恐ろし気です。しかもまるで蜂のように、真昼間に花の周囲をブンブン飛び回ったり、ホバリングしながら花の蜜を吸ったりします。小さな女の子が怖がってキャーとか悲鳴を上げても(昆虫記者も幼少の頃悲鳴を上げていました)仕方ないですね。

f:id:mushikisya:20220410105427j:plain

ホバリングするオオスカシバ。かなり古い写真の再掲載です。

 でも英語圏ではこの種の蛾をハミングバード・モスなどと呼んでいるので、「可愛い」とか「きれい」とかいう印象があるようです。

 植物が好きな人の間では、オオスカシバの幼虫は目の敵にされているかもしれません。幼虫はクチナシをボロボロに食い荒らすあの大きなイモムシです。

f:id:mushikisya:20220410105533j:plain

クチナシをボロボロに食害するオオスカシバの幼虫

f:id:mushikisya:20220410105620j:plain

オオスカシバ幼虫のお尻にある立派な角(尾角)はスズメガの仲間の証拠

 白く美しく、かおり高い(芳香剤にもクチナシの香りのがありますね)クチナシの花を愛でようと近づいた際に、オオスカシバのぶっといイモムシを見つけて喜ぶのは虫好きだけ。虫嫌いのカップルだったら、ギョッとして恋心がさめてしまうかも。

蛾だけど春の妖精スプリングエフェメラルに入れてあげたいフチグロトゲエダシャク

  春です。春の妖精とか、春の儚い命とか訳される「スプリグエフェメラル」の季節ですね。今年のスプリングエフェメラル第一弾は、何と蛾です。雌には羽がないフユシャクの仲間なのに、早春に成虫が出現するフチグロトゲエダシャクです。

 発生時期が極めて短い上に、生息域が極めて限定され、日本各地で絶滅危惧種扱いになっているので、昆虫記者はこれまで、お目にかかる機会がありませんでした。

 今年こそは見に行こうと思っていたのですが、ぐずぐずしている間に、多摩川河川敷の有名な生息地での発生のタイミングを逸してしまいました。3月中旬ともなると、少し北方に行かないと出会いはないかも。

 しかし、多摩川以外に既知の場所はないので、思案に暮れていた時、たままた裏山の奇人として知られる昆虫学者の小松貴氏とお会いする機会があって、茨城県某所の生息地を教えてもらいました。

 決行日は3月12日の土曜。たかが蛾を見るために、往復4千円以上の交通費を費やしました。

f:id:mushikisya:20220326123945j:plain

交尾するフチグロトゲエダシャク。コロコロ太った雌には羽がない。

 電車とバスを乗り継いで、現場に到着すると、確かに何匹か雄の姿が確認できました。いることは間違いないのですが、交尾のため雄が急降下する場面には遭遇できず、まともな写真1枚も撮れず惨敗の気配が濃厚となりました。

 勝負は午前中と言われているので、午後2時過ぎには撮影を断念。とぼとぼとバス停に向かいました。

 その時です。車が行き交う道路脇の民家の花壇の上をフラフラと飛ぶフチグロトゲエダシャク雄の姿が目に入ったのは。クルクルと小さな円を描いて、次第に高度を下げる奇妙な飛び方。これこそは小松貴氏が言っていた「雌を見つけた(フェロモンを嗅ぎつけた)際のおかしな飛び方」 に違いありません。

 1メートル以内にメスがいる可能性大です。すると案の定、雄が急降下して花壇の柵に止まりました。あわてて近寄ると、そこにはでっぷりと太った雌が。魅力的に腰を振って、雄を誘惑しているではありませんか。

f:id:mushikisya:20220326124133j:plain

急降下して雌に飛びついたフチグロトゲエダシャクの雄

f:id:mushikisya:20220326124215j:plain

お取込み中のフチグロトゲエダシャク。失礼してバチバチ写真を撮りまくる

 あわててバチバチ写真を撮りました。昆虫記者の背後を車がビュンビュン。歩行者や自転車に乗った人々が次ぐ次に通り過ぎ、不審のまなざしを注ぎます。

f:id:mushikisya:20220326124325j:plain

撮影場所はこんな街中。足元は他人の家の花壇。家人に気付かれたら通報確実。

 花壇所有者の家の中でも、何やら物音が。歩行者は携帯電話を取り出して、通話を始めます。警察に通報しているのかもしれません。

 このままでは昆虫記者の人生が「春の儚い命」になりかねないので、泣く泣く撮影を切り上げました。来年はもっと落ち着ける場所でフッチーことフチグロトゲエダシャクのカップルに出会いたいものです。

f:id:mushikisya:20220326124529j:plain

蛾とは思えないフチグロトゲエダシャクの雌。結構可愛い。でも春の儚い命の割には太りすぎか。

f:id:mushikisya:20220326124739j:plain

お尻の先の変な物からフェロモンを放出して雄を呼ぶ(コーリングする)フチグロトゲエダシャクの雌

f:id:mushikisya:20220326124946j:plain

卵はこんな隙間に生むことも多いようです。

f:id:mushikisya:20220326125022j:plain

1、2週間後に孵化したフチグロトゲエダシャクの幼虫

 

東京湾岸でとんでもなく大発生している南国の虫、リュウキュウツヤハナムグリ

 東京湾岸で、ある南国の虫がとんでもなく大発生しているようです。リュウキュウツヤハナムグリという、コガネムシ系のちょっときれいな虫です。

 琉球の名があるので寒さには弱そうなのですが、何と今頃すでに羽化している個体もいるようです。つまり今なら、幼虫、蛹(蛹室)、成虫がワンセットで見られる可能性があるのです。

 道路脇の側溝のようなところに、成虫の死骸が幾つか転がっていました。その下の落ち葉をかき分けると、何と成虫がモゾモゾと4、5匹はい出してきました。石垣の上から落ちた幼虫が、仕方なくこんなところで早めに蛹になって、羽化してしまったようです。

f:id:mushikisya:20220313212844j:plain

東京湾岸で大発生しているリュウキュウツヤハナムグリ。もう成虫が出ていた。

f:id:mushikisya:20220313213011j:plain

最初にリュウキュウツヤハナムグリ成虫を見つけたのは、何とこんな側溝のような場所。

 石垣の上の落ち葉の中には、ウズラの卵ほどの蛹室が幾つかありました。探している時に割れてしまった蛹室からは、成虫が顔を出していました。

f:id:mushikisya:20220313213142j:plain

糞玉のようなリュウキュウツヤハナムグリの蛹室

f:id:mushikisya:20220313213230j:plain

割れた蛹室の中から顔をのぞかせたリュウキュウツヤハナムグリ成虫

 侵略的外来種なら殲滅すべきなのでしょうが、このリュウキュウツヤハナムグリは、奄美あたりから、植物と一緒に伊豆諸島に入り込み、そこから伊豆航路で東京湾岸に来た可能性があるとのことです。つまり侵略者というよりは、長旅の末ようやく東京にたどり着いた渡航者、旅行者ですね。もともと日本の南方の虫なので、外来種でもありませんから、あまり敵視しなくていいかも。

 しかし、その繁殖力は半端でないようで、湾岸の幾つかの公園(深い森ではなく、運動場などがある都市公園)では、林の地面がリュウキュウツヤハナムグリ幼虫の糞で埋め尽くされているところも。

 石垣の上の林から糞があふれ出して、下の道路にこんもりと積もっている場所もありました。深い腐葉土の層があるような場所でもないので、コガネムシ系の幼虫が生きていくには厳しい環境に思えるのですが、都会的環境へのリュウキュウツヤハナムグリの適応能力はかなり高いようです。

f:id:mushikisya:20220313213352j:plain

石垣の下の路上にあふれ出した糞(左)。拡大すると糞の山だと分かる(右)。

f:id:mushikisya:20220313213529j:plain

糞の山の中にはリュウキュウツヤハナムグリの幼虫がどっさりいました。

 この様子だと、近い将来、東京の都市公園リュウキュウツヤハナムグリに占拠されて、カナブンとか、シロテンハナムグリとかは脇に追いやられてしまうかも。